底地

底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる

底地はどうするべきか考える

底地は、資産価値があまりなく、扱いも難しい土地です。土地と建物の所有者が違うために、そのまま売るのも難しいです。相続などで底地を手に入れた場合は、どうすべきか悩むことになります。選択肢としては、二つ考えられます。一つ目はそのまま資産として、保有するという考え方です。借地権者が信頼できる人物である場合は、この方法も良いと思います。
低地は価値が低い土地ですが、安定した収入を生みます。通常の不動産投資に比べて収入は少ないですが、リスクも少なくて済みます。建物の所有者は借地権者にあるので、そちらにはお金もかかりません。収入よりも安定を取る場合は、そのまま保有してもよいと思います。二つ目は、売る方法ですが、これはなかなか難しいです。
建物を所有しているのは、借地権者の為、底地を勝手に売ることはほぼ不可能です。一番簡単なのが、借地権者に土地を買い取ってもらうやり方です。双方の合意さえあれば、これが一番いいやり方だと思います。ただし、価格を決めるのに難航すると思うので、揉める場合は専門家を間に挟みましょう。底地は、扱いが困難な土地ですが、利点がないわけではありません。よく考えてから、どうするか考えましょう。

CONTENTS

底地投資の魅力について

底地とは、土地の所有権を人に貸した土地のことを言います。建てた建物と土地の権利の持ち…

底地の借地権の期間について

底地の所有者は、その土地を人に貸している間は、基本的に自分で使用することができません…

底地はどうするべきか考える

底地は、資産価値があまりなく、扱いも難しい土地です。土地と建物の所有者が違うために、…

底地のデメリットについて

底地は、土地と建物の権利者が違う、非常に難しい土地です。安定した資産というメリットも…

Copyright © 2017 底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる All Rights Reserved.