底地

底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる

底地の借地権の期間について

底地の所有者は、その土地を人に貸している間は、基本的に自分で使用することができません。自分の所有物を利用できない。そのような状態が長く続くと苦痛を感じてしまうことも多いです。そのため、底地の所有者の中には、どのくらいの期間で借地権が終了するのか気になるところです。土地を賃貸する場合、民法上では20年以内となっています。しかし、建物所有の目的の人へ賃貸する場合は借地借家法が適用されるので、最低30年以上です。
また期間を経過しただけでは、原則賃貸借契約は終了しません。契約期間内までに底地の所有者が正当事由がある状態で拒絶しなければならないからです。つまり、建物所有の目的の人へ土地を賃貸する場合は、半永久的に返ってこないといっても過言ではありません。そのような状況にあるので、底地の実際の評価は通常の更地に比べるとかなり低くなってしまうのです。
ただ、一定期間内で契約が終了して更新のない借地権も存在します。これは定期借地権といい、平成4年の借地借家法改正の際に制定されました。定期借地権にもいくつかの種類がありますが、一般の定期借地権であれば50年間貸せば戻ってきます。そのため、底地だからといって必ずしも悲観する必要は無いのです。

CONTENTS

底地投資の魅力について

底地とは、土地の所有権を人に貸した土地のことを言います。建てた建物と土地の権利の持ち…

底地の借地権の期間について

底地の所有者は、その土地を人に貸している間は、基本的に自分で使用することができません…

底地はどうするべきか考える

底地は、資産価値があまりなく、扱いも難しい土地です。土地と建物の所有者が違うために、…

底地のデメリットについて

底地は、土地と建物の権利者が違う、非常に難しい土地です。安定した資産というメリットも…

Copyright © 2017 底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる All Rights Reserved.