底地

底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる

底地のデメリットについて

底地は、土地と建物の権利者が違う、非常に難しい土地です。安定した資産というメリットもありますが、デメリットの数も多いです。今回は、知っておきたい底地のデメリットについて、解説します。まず、通常の不動産投資と比べて、収益が低いことがあげられます。土地代は継続して入ってきますが、不動産で家賃をとるほうが、お金は入ってきます。
また、人間関係のトラブルが起こる可能性も考えられます。地代を払ってくれない、権利関係で軋轢が生まれる、そのような例も確認されています。税金や建物の改装などで、お互いが話合う機会も多いと思います。底地が解消されない限り、底地所有者と借地人の関係は、ずっと続きます。また、底地を手放したい場合も、非常に面倒です。
建物の所有権が別にあるので、自由に売ることができません。底地を解消するか、借地人に売るかの、どちらかしかないため、借地人との話し合いが必須になります。借地人が了承しないと、どちらも不可能になります。また、借地人に売る場合も、価値もなかなか決まらない可能性も考えられます。トラブルに発展してしまうこともあるので、注意が必要です。資産として底地をお持ちの方は、これらのことに十分に気を付けてください。

CONTENTS

底地投資の魅力について

底地とは、土地の所有権を人に貸した土地のことを言います。建てた建物と土地の権利の持ち…

底地の借地権の期間について

底地の所有者は、その土地を人に貸している間は、基本的に自分で使用することができません…

底地はどうするべきか考える

底地は、資産価値があまりなく、扱いも難しい土地です。土地と建物の所有者が違うために、…

底地のデメリットについて

底地は、土地と建物の権利者が違う、非常に難しい土地です。安定した資産というメリットも…

Copyright © 2017 底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる All Rights Reserved.