底地

底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる

底地投資の魅力について

底地とは、土地の所有権を人に貸した土地のことを言います。建てた建物と土地の権利の持ち主が違うため、自由な売買が不可能です。一般的に資産としての価値が低いとされており、所有者にも嫌がられがちです。ですが、その一方で、不動産投資に比べても優れている点も考えられます。まず、初期費用が安価で済む点です。通常、不動産投資を行う場合は、物件を買う必要が出てきます。
底地は価値が低いため、安く売られています。また、安定性にも非常に優れています。不動産投資を行う場合は、空き部屋のリスクが付きまといます。底地の場合、収入面では劣ってしまいますが、空き部屋のリスクがありません。土地代が変動することもないので、常に安定した収入を得られるのが、底地の最大のメリットだと思います。
管理面での面倒も、非常に少ないです。建物の所有者が別にいる為、メンテナンスの必要もありません。お金を無駄にかける必要がなく、急な出費になやむこともありません。また、借地権を買取さえすれば、通常の売り買いできる土地に戻すことも可能です。非常に厄介ともいえる底地ですが、見方を変えれば魅力的にうつります。一度、底地の投資について、考えてみましょう。

CONTENTS

底地投資の魅力について

底地とは、土地の所有権を人に貸した土地のことを言います。建てた建物と土地の権利の持ち…

底地の借地権の期間について

底地の所有者は、その土地を人に貸している間は、基本的に自分で使用することができません…

底地はどうするべきか考える

底地は、資産価値があまりなく、扱いも難しい土地です。土地と建物の所有者が違うために、…

底地のデメリットについて

底地は、土地と建物の権利者が違う、非常に難しい土地です。安定した資産というメリットも…

Copyright © 2017 底地は魅力的な投資なのか?その価値について考えてみる All Rights Reserved.